銀座カラーの脱毛情報

銀座カラーは口コミでもよく注目される脱毛サロンですが、個人的にオススメなポイントは、安い初回キャンペーンで腕や足の脱毛を行っていることです。普通は両わきのキャンペーンが多いですよね?

その意味で、安いキャンペーンをハシゴしている方も、銀座カラーを試す価値はあります。もちろん回数は3回なので、完全に完了はしませんけど…。でもやらないよりは全然効果的ですよね。

最近は関東以外にも支店が増えてきたので、通える範囲で銀座カラーの店舗がある方は、一度試してみてください。銀座カラー 評判もまずまず良好なので安いキャンペーンならやる価値はあります。

■ミュゼと銀座カラーを比べると

脱毛した女性近所にミュゼプラチナムも銀座カラーもあるのでどっちで脱毛するのが良いのか迷っているとしたら、どの部位をどの程度脱毛したいのかで決めるのが良いかもしれません。

まず、脱毛方法についてはいずれも光脱毛を採用していますし、保湿ジェルを使ってくれるところも共通しています。ネット上の口コミも両サロンともまずます評判がよいですね。

保湿ジェルそのものは、それぞれ異なるものを使っていますから、どちらが良いということは一概にいえません。化粧品に関しては人によって合う合わないがあるので、使ってみないことにはわからないでしょう。

ただ、銀座カラーのほうでは、ジェルだけではなく、保湿マシンを使ってケアしてくれるそうで、ここはミュゼプラチナムにはない部分かもしれません。口コミも参考にしてください。

値段に関しては、同じ内容のコースを比較した場合には以下のようになります。

▼ミュゼプラチナム
スモールパーツ 6回15,000円
ラージパーツ 6回28,560円
全身脱毛 6回190,500円

▼銀座カラー
デリケートチョイス 6回15,000円
スタンダードチョイス 6回30,000円
全身脱毛 6回175,000円

平均的に脱毛が完了すると思われる6回コースを比較した場合ですが、大きめの部位であればミュゼプラチナムのほうが若干割安です。しかし、小さい部位なら値段に差がありません。

そしてこれ以外のコースということになりますと、ミュゼプラチナムのほうには4回コースがあり、また中途解約した場合は残りの回数分の金額は丸々返金される返金システムがあります。

銀座カラーのほうには4回コースや返金システムはなく、脱毛し放題コースがあります。口コミではミュゼより銀座カラーの方が評価が高いんですよね。というか銀座カラーの方が圧倒的に、批判的な口コミが少ない。

どちらの方が安い、ということは言いにくい料金設定になっていますので、冒頭に申しました通りどの部位をどの程度脱毛するのかということと、上記の違い(保湿マシンの有無、返金システムの有無など)を見た上で、検討してみて欲しいと思います。

■銀座カラーのデメリットは勧誘?

脱毛サロンで問題になっているものが勧誘です。強引な勧誘をするサロンがあるという実態があるのです。お客様は女性です。そのため強引な勧誘に対してきっぱりと断ることが難しいです。

しかも勧誘が行われるのは密室です。サービス上そうなってしまいます。私も実は一度、銀座カラーにてかなり強気の勧誘をされたことがあります。強引というわけでは決してありませんでした。そのため断ることはできました。

しかしそうであっても、気分としては良くないのです。結局私自身が断るという行為をしなければならなかったということです。断ると言うことは、申し訳ない気持ちがどうしても生じてしまいます。

なぜわざわざお客様である私が申し訳ないという感情を抱かなければならないのかという気持ちになるのです。これが銀座カラーの人気が低迷している1つの要因になってしまっているようです。

他の大手脱毛サロンはこの勧誘という問題に対してかなり敏感になっています。そのためあまり勧誘をされてしまうようなことはありません。

しかしそんな中にあって銀座カラーでは未だに勧誘を少しではありますが、している実態があるのです。口コミを確認してみましょう。ただし、勧誘とは言っても、商品の紹介などをする程度ではあります。

■銀座カラーのメリットは予約のとりやすさ?

仕事の時間をずらすことは怖い上司がいたためできませんでした。毛周期についての知識もあったので、何としても毛周期に合わせて予約を取りたいという気持ちがありました。

予約が取りづらい某有名サロンに通っていたときは、かなり精神的に参りました。銀座カラーの予約が取りやすいという強みはすごく大きいと思います。

また脱毛し放題というサービスもあります。何回でも脱毛できるので、完璧に脱毛をしたいという方にはピッタリのプランです。絶対に失敗したくなくて、脱毛に徹底的なこだわりがある人には助かるサービスです。

銀座カラーの口コミ【裏事情も暴露しちゃお】 © 2016