日焼けしていると脱毛できない!

■日焼けした肌

銀座カラーなどの脱毛サロンで脱毛をする場合、カウンセリング時の質問によくあるのが、「日焼けしていると脱毛ができないといっても、どの程度の日焼けまでなら脱毛できるのでしょうか?」といったことです。

脱毛サロンや医療機関で行なわれる脱毛方法でも、レーザー脱毛では、紫外線が強い時期には肌の刺激や日焼けによって、皮膚に影響を与えたり、脱毛効果にも影響を与えるのです。

では、日焼けした肌は、脱毛の際にどのような影響があるのでしょうか。

■レーザー脱毛

レーザー脱毛では、皮膚にレーザーの光をあてて、その光エネルギーによって発生する熱で脱毛していきます。レーザー脱毛の光とは、黒い色に反応するという特性があるのです。この光の特性をいかして、黒い毛を脱毛するというメカニズムがレーザー脱毛なのです。

しかし、人間の皮膚にはメラニン色素があります。レ-ザー光は、このメラニン色素が濃い人、つまり肌の黒い人や、日焼けした人の肌にも反応し、熱を発生させるのです。

■日焼けとレーザーの関係

日焼けした人が、レーザー脱毛の光を照射された場合、可能性として考えられることが2つあります。

その一つは、表皮のメラニンがレーザーの光によって熱が生じ、その量が多いと、強い熱が生じることになります。そして、その熱により、火傷や色素沈着を起こしやすくなるのです。

また、照射されたレーザーのエネルギーは、表皮のメラニンに多く消費される場合があります。この場合、脱毛したい毛には充分にエネルギーが与えられないことになります。そのため、毛根にダメージを与えることができず、脱毛ができないということになるのです。

つまり脱毛の効果も、個人差のある肌の色によっても、異なっているということなのです。皮膚の色が白い人ほど、あてるレーザーの出力も強くできるので、脱毛効果も高くさらに、火傷や色素沈着も少ないということになります。

それとは反対に、色の黒い人は、レーザー光線が皮膚のメラニン色素に反応しやすく、火傷を起こしやすいので、出力を落とさなければならないのです。

Updated: 1月 7, 2016 — 11:41 pm
銀座カラーの口コミ【裏事情も暴露しちゃお】 © 2016